目次

自分らしいものを提案

刺繍はかなり手間がかかりますし、コツコツ行うということになると空いた時間を利用するので、完成までに長時間が必要となってしまうことがあります。しかし入れることによって、今までの洋服もリメイクをすることができますし、破れてしまった部分を隠すこともできます。オリジナルのデザインを考えて専門業者に刺繍の依頼をすることが出来る、ということもあるので利用をするとよいでしょう。

対応をしてくれるところ

今持っている洋服にオリジナルの刺繍を入れたい場合、対応をしてくれる業者に持ち込むことになりますが、自宅の近隣に業者がない場合にはオンラインで発注をするのもよいかもしれません。デザインもメールで送信をして対応できます。

ワッペンの作成

直接洋服に刺繍を入れるのではなく、オリジナルのものをワッペンとして作ってもらうことも可能です。自分でデザインをしたものがワッペンになれば、それを縫い付けるだけなのでとても簡単にリメイクを行うことが可能です。

見積もりを出してもらう

オリジナルの刺繍を形にしてもらう際に、デザインによってはかなり細かいものがあるのでコストがかかりすぎてしまうこともあります。デザインを提案した後にどれくらいの費用がかかるのか見積もりを出してもらうとよいでしょう。

広告募集中